『橘内たえ子手結び着付けの会』プロフィール

私たちは、着物を愛好する市民グループであり、着付けのサークルとして日頃は着物を学び、着付けの技術力の向上や美しさを追求した研究、発表などの活動をしています。

着付けにみる着物文化の素晴らしさを広く伝え、着物を絶やすことなく継承していくための活動をしています。

そして日本古来の着物を通じ、外国の皆様方に日本をより親しく身近に感じていただきたく国際親善を大きな目的としての活動も行っています。

本年2月2日から7日までの間、ラオスの首都ビエンチャンにて、アジア・市民交流事業の一環として、在ラオス日本大使館主催のジャパンフェスティバルへの参加、日系企業TSBLao並びにビエンチャンハイスクールを訪問して、日本文化である着物(浴衣)の紹介や体験のためのワークショップなど行ってまいりました。


以前よりラオスの皆様が大変穏やかな国民性であると伺っておりました。さらに、ラオスの『シン』という伝統衣装である織物を知り、そこに着物との共通点も見出し一段と親しみを感じました。

 着物姿にラオス織物を取り入れたならどんなに素敵でしょう…との思いから

ジャパンフェスティバルでは、『着物とラオス織物とのコラボレーション』をテーマに、

ラオス織物の布を帯、半襟、帯揚げ、帯締めなどに活用した着物姿を着物ショーの形で皆様にご紹介してまいりました。

 2011年ミスラオスのLouknamさん他、現地のモデルさん3名が美しい振袖姿で共演し、会場を一段と盛り上げました。

ラオスで出会った人々は、着物姿に関心を寄せ、『ラオスの布で作った帯ですよ』と話すと驚かれ、そしてにこやかなお顔を見せてくれました。


なお、このたび国際交流基金アジアセンターより 平成29年度アジア・市民交流助成金を交付されることとなりましたので併せてここにご報告いたします。
着物姿には、美、知、礼、心、品格、
そして日本の歴史が存在します

着付けの技術がこのすべてを生かします
 
素晴らしい着物文化を
もっと自由に
もっと気軽に楽しんでみませんか
 
着物 そして着付け
日本人であることに、誇りが持てる文化です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・

たくさんの人々に、
着物の素晴らしさに気付いてほしい
たくさんの人々に、着物を着てほしい
 
この時代に生きる私たちは、
次世代への着物文化の継承者です。
日本古来の誇れる文化 
きものを大切にしませんか
タンスに眠ったままのきものに
一度光をあててみませんか
 
袖を通し
布目を体に沿わせ
着姿のシルエットが描かれると
きものに命が吹き込まれます
 
今まで忘れていたきものが
身にまとったその時
あなたの美しい姿となって蘇ります
・・着物にみる日本の心・・
 
着物を着て季節を感じ
着物を着て成長を喜ぶ
着物を着て人をもてなし
着物を着て人生を祝う
着物を着て神に誓い
着物を着て感謝を伝える
   着物姿は
   言葉以上に心を伝え
   日本の美しい伝統と格式が
   そこにある
 
こんなにも素敵な装い
着物は日本古来の素晴らしい文化です。
 
美しい四季を持つ日本の風土、
豊かな感性と美意識、
そして繊細な感覚と器用さを持ち合わせ、

几帳面な日本人だからこそ、
完璧なまでに進化した着物の世界
 
これほどまでに美しく、これほどまでに個性的
 
身近にありながら・・今、遠い存在・・・。
 
大切にしたい私達の着物
もっと もっと 着物を着ませんか

きものと言う私たちに日本人の伝統的な衣装

その素晴らしさを私たち日本人はどのくらい知っているのだろう

その素晴らしさを見ようとしないのか

知ろうとしないのか


着物に描かれた 日本の世界

一枚の着物はキャンバスになり美しい自然が描かれる

四季の移り替わりの感動を着物いっぱいに描く

織、 絞り、 友禅、 型染、 刺繍 

多彩な技法はち密でありそして繊細


日本人の豊かな感性は妥協を許さず、完璧をめざして美意識をゆさぶる


縫い目の柄も寸分違わず、裏もまた表の美しさ


こんなにも魂を込めて作られた衣装、価値ある衣装